札幌リュージュ連盟について

 札幌リュージュ連盟は、リュージュ競技の普及と選手強化を目的として昭和37年12月21日に設立しました。昭和47年(1972年)に開催された札幌オリンピックでは、女子一人乗りで大高優子が5位、二人乗りで荒井・小林組が4位に入賞するなど輝かしい歴史があり、その後も札幌出身の選手がオリンピックをはじめ世界の大会に出場しています。

 近年、札幌地域だけに限らず日本国内のリュージュ競技は、競技人口や役員の減少など競技が衰退する傾向が続いています。しかし、本連盟では、日本で最初のリュージュ競技団体としての歴史と、札幌オリンピックでの輝かしい活躍という伝統があり、今後も競技を守りこの危機的な現状から抜け出す為に様々な取り組みを行ってきました。札幌市によるスポーツクラブ事業での援助もあり、一般の方々への講習会の開催や、長年、多くオリンピック出場選手を送り出してきた札幌市立藤の沢小学校生徒への講習会を開催するなど、競技人口の拡大と競技の広報を重点課題として積極的に取り組んだほか、連盟の財務強化、役員連携強化など組織強化を行ってきました。

 また、本連盟所属選手を一人でも多くオリンピックや世界選手権大会へ出場させるべく、選手強化を行ってきた結果、過去に開催されたオリンピック大会へ毎回本連盟所属選手を日本代表として送り込むことができました。その他、世界選手権大会やワールドカップ大会など多くの国際大会に本連盟選手が出場し活躍しています。

 本連盟の活動拠点でもある札幌市藤野リュージュ競技場においては、毎年、企業や団体の協力を得て競技会を開催(ヤクルト杯、読売新聞杯、スポーツショップ古内杯)し、選手の競技レベル向上など発展と普及を図っています。特に札幌市民大会での参加者数が年々増える傾向となっており、競技の普及にとって明るい兆しが見えています。一方、藤野リュージュ競技場施設の老朽化が進んでいることから、競技場を使用しない夏季においても一斉清掃や補修作業を連盟役員・選手で行い、我々を育ててくれた競技場へ感謝すると共に、一日でも長くリュージュ競技を続けることができるよう取り組んでいます。

 今後も競技人口の減少に歯止めをかけるため、一般者を対象とした講習会や競技会開催などにより競技の普及と広報活動を積極的に展開すると共に選手の育成に努め、さらに発展できるよう取り組む必要があります。また、選手強化や普及活動にとって重要である札幌市藤野リュージュ競技場施設の老朽化が進んでいることから、新競技場の建設、または現競技場の改修を関係各位に要望する取り組みを行い、今後も強い選手が札幌から育つよう活動していきます。

・平成28年度事業計画

・札幌リュージュ連盟規約

  札幌リュージュ連盟
    会 長  長 島 邦 夫

           事務局
 〒060-0012
 札幌市中央区北12条西17丁目1-4
 クリーンリバー桑園駅前U-511 伊藤方

 


BACK